給湯器につながる配管からの水漏れ

給湯器の水漏れは、なにも内部構造だけの問題だけではありません。水道から給水してお湯を作り、家庭の内部に送り出す装置だからです。給湯器から延びる配管でも、水漏れする危険性は出てきます。

■給湯器の屋内配管から水漏れを起こすケース

給湯器の配管は、隠れた部分を通っていくことになります。給湯器は屋外に設置されるのが一般的ですが、お湯の配管は内部を通るのが重要です。配管に問題があった場合、屋内で水漏れが発生します。
屋内で水漏れが発生するとしても、それが見えるところであれば対応もできますが、見えない位置に通されたときには、どうしても発見が遅れます。発見が遅れると、その分だけ被害が広がるのが大きな問題です。
予兆として、これまで使っていた水圧が維持できないといったことが起きます。途中で漏れてしまっているためで、圧力の低下が生まれたときには配管の水漏れを疑ってみるのが大切ですが、見えないところにあるため、専門家に検査してもらうといいでしょう。

■給水管が凍結する問題

配管は、屋内だけではありません。水道管も異常をきたすことがあります。本体の場合には、凍結防止の措置が取れますが、水道の配管側にはヒーターなどの機能は存在しないのが問題です。断熱材をまいて凍結しないよう考えられていますが、それでも耐えられない寒気がくれば、凍結する可能性があります。配管が凍結すれば、給湯器に水が供給されず、お湯もつくりだせません。管が破損すれば、大量の水漏れも引き起こすため、十分に注意しなければいけない状況です。

■まとめ
凍結してしまった場合、お湯を作りかけたりする対処は危険です。急激に温めることで、冷えていた配管が熱膨張し、さらに破損する危険が出てきます。自然にゆっくりと溶けることが大切ですので、時間をかけて回復させることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ