給湯器の水漏れの原因と部品供給の限界

水漏れを起こすトラブルには、さまざまな原因があります。給湯器は複雑な構造を持っているため、どうしても故障する場合が出てきまが、その中でも部品の問題は避けられない部分があり、交換ができなくなることが問題です。

■水漏れの原因の対応には部品交換が基本

給湯器は、水漏れしてしまうことがありますが、部品の交換によって修理もできます。原因として多いのが、部品の経年劣化から起きることによるものです。経年劣化は、時間とともに発生する問題で避けられません。交換してしまえば、原因を取り除けるため、水漏れを止められます。
部品を交換できれば原因を取り除けますが、いつまでもできるわけではありません。経年劣化の場合には、他の部品にも同様の原因が発生してきますし、交換できるものが手に入る限界もあるからです。

■部品の供給の限界

給湯器の部品は、メーカーが製造しています。汎用的な部品もありますが、専用に設計されたものも多く、修理の場合には同じものを使わなければいけません。いつでも部品が手に入れば、原因が複数あっても対応できますが、実際にはそういかない都合があります。
メーカーは、生産開始から10年程度は部品を製造しており、故障しても交換するものが手に入ります。当然、10年を過ぎれば部品は生産されなくなっていき、やがて手に入らなくなると、修理ができません。生産開始からですので、設置して7年以上たったあたりから、部品は手に入らなくなると考えるべきでしょう。部品交換ができなくなるため、この時期を過ぎたあたりから、本体ごと交換を考えるべきです。

■まとめ
給湯器の水漏れの原因はいろいろとあり、部品交換で回復させられることが大半です。それでも、複数個所で問題が起きれば、修理費もかさむことになります。部品が手に入らなくなれば、修理自体もできなくなる以上、限界と考え交換を視野に入れておけば、いきなりの出費に悩むこともないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ