給湯器の水漏れを見つけたら修理が大切

給湯器は水漏れを起こすような機械ではありません。本体から水漏れしている状況は、何らかの異常があります。修理が必要となりますが、いったいどんなことが起きるのか、知ることが大切です。

■設置時のミスで起きる水漏れ

給湯器は複雑な構造を持っており、故障する箇所はいろいろとあります。耐用性の高い設計がされているものの、それでも壊れないわけではありません。水漏れが起これば修理しなければいけませんが、取り付けてすぐに水漏れするケースがあります。
設置時の取り付けミスから起こる水漏れですが、本来あってはならないことです。配管の取りつけがあまく、水漏れしてきてしまうことはみられるケースのひとつです。配管には圧力がかかるため、時間とともに被害がはっきりと出てくるため、すぐに判別がつかないこともあります。この場合には、取り付けたところにすぐに修理を依頼することになります。

■部品の経年劣化は要注意

内部から水漏れしているケース以外にも、配管から水漏れする場合も出てきます。パッキンの問題がよく見られますが、水に触れて圧力に耐えている部品であり、時間とともに劣化が進みます。劣化が進めば、弾力を失い、隙間を止めることができません。これが給湯器の水漏れの大半を占めるものであり、交換しなければいけません。
修理に関しては、ガスと電気を使うため、自分で交換するのは避けるべきです。目に見えないガスや電気は、大きな問題にもなりかねません。修理できたと思っても、他の問題を引き起こしている場合もあるため、修理業者に点検もしてもらい、他の部分でも異常がないか確認して修理するのが一番です。

■まとめ
どんなものでも経年劣化から逃れることができません。ゴムの部品は劣化も激しく、どうしても交換が必要です。1つの部品で経年劣化が起きれば、当然他の部分でも進行しています。本体ごと交換する時期ともいえるため、新しくするのも検討しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ