給湯器を水漏れなどのトラブルから守る水抜き栓

給湯器には、内部の水を抜くための栓が取り付けられています。ドレーンと呼ばれることが一般的ですが、水抜き栓といわれると、その機能が理解しやすくなるはずです。水漏れとは違った意味を持つ部分で、何のために使われているのかも理解しなければいけません。

■水抜き栓から内部の水を排出する意味

給湯器は、水の供給を受けてお湯を作り出し、送り出していきます。この機能が重要ですが、必要のない水を抱えていると、内部で腐食する可能性も出てきますし、部品が固着する問題も考えなければいけません。配管を破壊す危険の高い凍結の問題もあります。細い配管を使う給湯器の内部で水が凍結すれば、破損してしまい水漏れを起こすのが大きな問題です。凍結予防のヒーターがありますが、そもそも水が入っていなければ、凍結することもありません。
水抜き栓を使い、完全に排水すれば、このような問題を避けられます。長期間家を空けるときや、引っ越して使用しないときなどは、必ず必要な作業です。

■本体内部から水を抜く方法

水抜き栓を使うのは簡単です。運転を止めてガス栓を閉め、給水の元栓を閉めます。止水栓が取り付けられているため、しっかりと閉めれば給水されません。配管内の水をすべて抜くため、バスルームやキッチンで蛇口を開きます。ここで流し出せば、内部の水を排出するとともに、圧力も下げられ、凍結しても危険性を下げられる重要な作業です。
次に給湯器の給水栓と給湯栓を開きます。この時に圧力を下げておかないと吹き出すために危険です。浴槽側の水抜きもありますが、基本的にはこの流れで給湯器の内部の水は抜き取れ、凍結などの危険性を下げられます。

■まとめ
長期的に使わないなら、給湯器は水漏れなど故障のリスクを下げるために水を抜くべきです。自動的に給湯器がもっている機能として抜かれる場合もありますが、しっかりと抜いてしまえば、壊すこともなくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ